ここから本文です

日比野組はマカロワ/ベスニナに敗退 [モントリオール/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月29日(金)9時0分配信

「ロジャーズ・カップ」(WTAプレミア5/カナダ・モントリオール/7月25~31日/賞金総額271万4413ドル/ハードコート)の女子ダブルス2回戦で、日比野菜緒(LuLuLun)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)は第4シードのエカテリーナ・マカロワ/エレナ・ベスニナ(ともにロシア)に3-6 6-7(3)で敗れた。試合時間は1時間26分。

日比野菜緒はルチッチ バローニに敗れて本戦勝利ならず [ロジャーズ・カップ]

 日比野とロソルスカのコンビは1ヵ月前のウィンブルドンに続いて2度目のダブルス出場。1回戦ではエレナ・オスタペンコ(ラトビア)/エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を4-6 7-5 [10-6]で倒して勝ち上がっていた。

 日比野は今大会のシングルスでは予選2試合を勝ち抜き、初の本戦入り。本戦初日に行われた1回戦では、ミルヤナ・ルチッチ バローニ(クロアチア)に2-6 0-6で敗れていた。

 マカロワ/ベスニナは準々決勝で、ダリア・ガブリロワ/サマンサ・ストーサー(ともにオーストラリア)と対戦する。ガブリロワ/ストーサーは2回戦で、第8シードのカロリーナ・プリスコバ/バーボラ・ストリコバ(ともにチェコ)を6-3 3-6 [10-5]で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:STANFORD, CA - JULY 20: Nao Hibino of Japan competes against Misaki Doi of Japan during day three of the Bank of the West Classic at the Stanford University Taube Family Tennis Stadium on July 20, 2016 in Stanford, California. (Photo by Lachlan Cunningham/Getty Images)

最終更新:7月29日(金)9時0分

THE TENNIS DAILY

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。