ここから本文です

有村架純が「お茶の文化」広げます!日光東照宮で大茶会

ニュースイッチ 7月29日(金)8時13分配信

伊藤園が主催、海老蔵氏も参加へ

 「茶わんの絵柄だけでも、さまざまな歴史が詰まっているのだと思う」―。このほど日光東照宮(栃木県日光市)で開かれた「世界遺産大茶会」で、女優の有村架純さん(写真左)が茶の奥深さを語った。伊藤園が主催した。

 伊藤園は「お茶の文化」を広めるため、抽選で一般から合計200人を招待し、国内4カ所の世界遺産で茶会を開いている。日光東照宮は中尊寺(岩手県平泉町)に続いて2カ所目。カップルや夫婦など計44人が、茶の世界を満喫した。

 日光ゆかりの徳川家康の没後400年で観光客も多く、同社主力の「お~いお茶」シリーズのPRにもつながった。31日に厳島神社(広島県廿日市市)、8月1日には醍醐寺(京都市伏見区)で開く。それぞれ女優の中谷美紀さん、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが参加する。

最終更新:7月29日(金)8時13分

ニュースイッチ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。