ここから本文です

【MLB】イチロー、代打で痛烈な二塁打 大歓声に応え、3000安打へついに「2」

Full-Count 7/29(金) 9:57配信

痛烈な打球で一二塁間を破り2998安打、マーリンズは1点差に迫る

 マーリンズのイチロー外野手は28日(日本時間29日)、本拠地でのカージナルス戦で2試合連続ベンチスタートとなり、7回に代打で登場。右翼線への二塁打を放ち、メジャー通算2998安打として、3000安打の金字塔へ、ついに残り2本とした。マーリンズはイチローのヒットでチャンスを広げて1点差に迫るも、追いつくことは出来ず4-5で敗れた。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50、日米年度別成績一覧

 マーリンズは先発右腕フェルナンデスが5点を奪われるまさかの展開も、6回に3点を返して2点差とする。迎えた7回、イチローがネクストバッターズサークルに登場しただけで、歓声が沸き起こる。1死一塁。「イチローコール」が起こる中、背番号51は2番手右腕ブロクストンの92マイル(約148キロ)の直球を完璧に捉え、痛烈な打球で一二塁間を破った。

 打球が右翼線へ転がっていくと、割れんばかりの歓声を浴びながら、イチローは快足を飛ばして二塁へ。1死二、三塁とチャンスを広げ、続くエチャバリアの遊ゴロで三塁走者のリアルミュートが生還した。イチローの二塁打が大きく効き、マーリンズは1点差に迫った。イチローは守備にはつかず、そのまま交代。試合はそのまま4-5で敗れた。

 マーリンズは22日(同23日)から本拠地10連戦を迎えているが、イチローは26日(同27日)に初めてスタメン出場。5試合ぶりにヒットを放ち、5打数1安打でメジャー通算2997安打としていた。しかし、ベンチスタートとなった27日(同28日)の試合では、大差がついたこともあり後半戦初めて出場機会がなかった。

 3000安打へ、いよいよ残り2本。31日(同1日)までの本拠地残り3試合で2安打を積み重ねられるか、注目が集まる。打率は.335となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/29(金) 10:41

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革