ここから本文です

メルケル独首相、難民受け入れ政策堅持を明言

AFPBB News 7月29日(金)10時53分配信

(c)AFPBB News

【7月29日 AFP】ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は28日、首都ベルリン(Berlin)で記者会見し、国内で凶悪事件が相次ぐ中でも難民受け入れ政策を堅持すると明言した。

 夏季休暇を中断して会見に臨んだメルケル首相は、1週間のうちに4件の襲撃事件が起きたことに対し「衝撃的で、耐え難く、つらい」と述べつつも、独当局が事態に対応できなくなっているわけではないとコメント。襲撃犯らの狙いは「助けを必要としている人々に手を差し伸べようとするわれわれの共同体意識、寛容さ、意欲を損なうこと」だったとして、「そのようなことは断固として退ける」と述べた。

 その上で、内戦や迫害を逃れてきたシリアなどからの移民・難民を受け入れる姿勢を改めて強調。「私たちにはできると、今も確信している。これは、われわれの歴史的な義務であり、グローバル時代における歴史的な課題だ」とメルケル首相は語った。

 さらに、フランス、ベルギー、トルコ、米国などで死者を出す襲撃事件が相次いでいることに触れ、イスラム過激派は容認しないが、ドイツ政府は今後も理性と慈悲に従うと発言。「一連の事件は大きな不安を引き起こしているが、政治的な決定が恐れによって左右されることはない」と述べた。(c)AFPBB News

最終更新:7月29日(金)16時14分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。