ここから本文です

ポケモンGO、フィーチャーフォンユーザーの心動かす。1割がスマホ乗り換えを希望

ギズモード・ジャパン 7月29日(金)22時40分配信

スマホのレンタルサービスもあるよ。

先週から日本でもリリースされたARアプリ「ポケモンGO」ですが、ビッグウェーブに乗れない人たちもいました。例えば、スマートフォンを持っていないフィーチャーフォン(ガラケー)ユーザー。流石にフィーチャーフォンでは、ポケモンGOは動作しません。

しかし、MMD研究所の調査によると、なんとフィーチャーフォンユーザーの1割が、ポケモンGOをきっかけにスマートフォンにしたいと回答しているんです!

なんだ、たった1割か…とあなどるなかれ。総務省の直近の調査によると、日本ではフィーチャーフォンを持つ人の割合がまだ35.1%もあります。つまり、この内の1割…日本人口の3.5%がスマートフォンを買いたいと思い、そのうちの一部が実際に購入すればかなりの経済効果になりそうです。

その他にもMMD研究所の調査ではポケモンGOのプレイ率は男性の方が高いこと、若い年代ほどプレイ率が高いこと、残念ながら34.0%が歩きスマホをしたことが報告されてします。もう、歩きスマホはダメってあれだけ広報されていたのに。

top image by Stoyan Yotov / Shutterstock.com

source: MMD研究所、朝日新聞

(塚本直樹)

最終更新:7月29日(金)22時40分

ギズモード・ジャパン