ここから本文です

パ首位決戦! 首位ソフトバンクが2位日本ハムと敵地で激突!

Full-Count 7/29(金) 14:43配信

両者のゲーム差はわずか「4」…今後の行方を占う重要な3連戦

 3連覇を目指すソフトバンクが、後半戦最初の「ヤマ場」を迎える。きょう29日から、4.0ゲーム差まで迫ってきている2位の日本ハムと敵地の札幌ドームで3連戦を戦う。勝ち越せば、ゲーム差は「5」まで広がる一方、3連敗となれば、1ゲーム差と肉薄される。今後のパ・リーグの覇権を占う3連戦になるだろう。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 7月に入り、それまでの圧倒的な強さに陰りが見えている王者。3戦連続零封負け、2戦連続零封負けが、それぞれ1度ずつあるなど打線が低調で、月間19試合で10勝9敗と、わずか1つの勝ち越しにとどまっている。一方の日本ハムは6月から続いた15連勝があるなど、18試合で15勝3敗。7月だけで12の貯金を積み増した。勢いだけなら、日本ハムに分がある。

 3連戦の鍵を握る1つのポイントは「日本ハム投手陣vsソフトバンク打線」となるだろう。日本ハムは、エース大谷翔平の先発投手での起用を見送ることが濃厚。となれば、3連戦の先発は、前週のオリックス戦(札幌D)で投げた順番通り、有原航平、高梨裕稔、加藤貴之の3枚と見込まれる。

 先陣を切る有原は、ソフトバンクにとって「天敵」だ。4試合に先発して3勝負けなし。4月3日の東京ドームで8回1失点、5月3日の札幌ドームは8回途中3失点、5月17日の北九州市民球場では9回2失点、そして、7月2日のヤフオクドームでは8回無失点に封じられてにいる。わずか6点しか失っておらず、防御率1.67。しかも、7月は3戦3勝で、1点も失っていない。目下絶好調の難敵をいかに打ち崩せるかが、先手を奪えるか、がポイントになる。

日本ハム先発陣に打ち勝つためのキーマンは、3番柳田悠岐

 有原攻略のために必須となるのが、3番を打つ柳田悠岐の存在だ。ここ5試合は15打数3安打の打率2割。一時、復調気配にあった打撃は、再び下降線にある。昨季トリプルスリーを達成した柳田だが、今季の対有原は、3つの四球があるものの、13打数0安打。完璧に封じ込められている。塁に出れば、足があるだけに、いかにチャンスを作って有原にプレッシャーを与え、内川、松田の後続へ回すかが、攻略の糸口になる。

 2戦目に投げるであろう高梨には、7月1日のヤフオクドームで7回無失点に封じられた。11個の三振を喫しており、嫌なイメージを持っているのは間違いない。中継ぎ3試合の登板を含めても、防御率1.42。手を焼いた真っすぐとフォークのコンビネーションをいかに崩すか、が見ものとなる。

 3戦目が見込まれる加藤は、5月19日のヤフオクドームで2回途中3失点でKOしており、3投手の中では1番相性がいい。柳田が4打数2安打の5割、松田が3打数2安打の打率.667。対加藤3打数無安打の4番・内川聖一に当たりが出れば、攻略の可能性はより一層高まる。

 この3連戦を皮切りに、ソフトバンクと日本ハムは8月5日から7日、同19日から21日と、週末に直接対決を控える。大谷が先発復帰すれば、加藤に代わり、これまでと同じ日曜日に入るはずだ。1戦目の有原、2戦目の高梨との対戦は今後も避けられない。いかに早いうちに土をつけ、苦手意識を払拭するかは、その後の週末決戦に向けても重要な意味を持つ。札幌決戦。工藤ホークスが、大きな3試合を迎える。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/29(金) 14:43

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。