ここから本文です

【高校野球】神奈川大会 準々決勝、桐光学園vs藤沢翔陵

Full-Count 7/29(金) 14:57配信

炎天下の延長11回を制した桐光学園がベスト4進出

 神奈川大会4強入り最後のチームを決める準々決勝4試合目。7月28日に横浜スタジアムで行われた第2試合は、桐光学園と藤沢翔陵の対戦となった。夏の日差しの下、試合は延長に突入する大熱戦となった。

 桐光学園・大工原泰成、藤沢翔陵・西澤翔太の両先発で始まった試合は、序盤は互いに点を取り合う展開となった。

 初回、藤沢翔陵は3番・近藤明弥のタイムリーで1点を先制。なおも2死満塁とチャンスを広げるが、ここは1点どまりとなった。

 2回裏、今度は桐光学園がチャンスをつかむ。2死一、三塁からダブルスチールを敢行して、同点に追いついた。

 すると、3回表には藤沢翔陵が負けじと反撃に出る。1死一塁から4番・森山孔介のサード強襲のツーベースで、一塁走者の近藤が一気にホームへ生還し、1点リードを奪う。

 その裏、桐光学園は2死からヒットと四球で一、二塁とすると、5番・清水 太一のタイムリーで再び同点。互いに譲らない姿勢に、点取り合戦になるかと、球場に集まった観客は予想した。

 だが、ここから両チームの守備陣が本来の力を発揮。ヒット性の打球を次々とアウトに仕留めてリズムを作ると、投手陣も好投を見せていく。

 桐光学園は5回表からマウンドに中川颯を送り込み、攻守にさらなるリズムを作り出そうとするが、藤沢翔陵の先発・西澤も奮起。幾度となくピンチを招くも、要所で落ち着いた投球を見せ、ぎりぎりのところでかわし続ける。

 同点のまま両チームの我慢比べとなった試合は、ついに9回裏を迎える。桐光学園が2番・渡部遼人、4番・中川のヒットで1死一、二塁とし、サヨナラのチャンスを作る。だが、後続がショートゴロ、レフトフライに倒れて無得点。熱戦は延長戦に突入した。

 10回裏、またも桐光学園がサヨナラのチャンスを得る。7番・逢阪倫充、8番・大坪亮平が連打で出塁。ここで藤沢翔陵は途中出場の9番・小林将輝を歩かせ、満塁策に出た。

 少しでもミスが出れば終わりという緊迫したこの場面で、2年生投手・西澤が落ち着きを見せ、神がかり的な粘りを見せる。1番・渡邊宏祐のピッチャー返しに素早く反応、ダイレクトでグラブに収めて1アウトを取ると、帰塁できなかった逢阪を三塁で刺し、ライナー併殺を成立させ、あっという間に2死一、二塁。最後は、2番・渡部をピッチャーゴロに仕留め、無死満塁の大ピンチを切り抜けた。これには横浜スタジアムに詰めかけた高校野球ファンも大盛り上がり。藤沢翔陵の応援団とともに喝采を上げた。

 しかし、桐光学園はその上を行った。続く11回表、桐光学園・中川は走者を三塁に背負いながらも、相変わらず失点する匂いを感じさせない投球で切り抜けた。

 桐光学園はその裏攻撃で、先頭の3番・延命秀太郎が四球で出塁すると、4番・中川のショートゴロで進塁して、1死二塁となる。ここで、この試合で西澤が投じた188球目を5番・清水太一がレフト前に弾き返し、延命が一気にホームへ帰ってゲームセット。桐光学園が劇的なサヨナラ勝利をおさめ、ベスト4最後の座を射止めた。

 日差しが厳しく、暑い中での長時間ゲームにも関わらず、集中力を途切れさせずに全力で戦いあった両チームには、横浜スタジアムに集まった観客から割れんばかりの大きな拍手がいつまでも送られていた。

(記事提供:高校野球ドットコム)

高校野球ドットコム編集部●文

最終更新:7/29(金) 14:57

Full-Count