ここから本文です

8強モンフィス、ラオニチ戦へ意気込み「期待している」<男子テニス>

tennis365.net 7月29日(金)18時26分配信

ロジャーズ・カップ

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は28日、シングルス3回戦が行われ、第10シードのG・モンフィス(フランス)が第7シードのD・ゴファン(ベルギー)を7-6 (7-5), 2-6, 6-4のフルセットで下し、2011年以来5年ぶり2度目のベスト8進出を決めた。

前週のシティ・オープン男子(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)で今季初優勝を飾ったモンフィスは、第1セットをタイブレークの末に先取するも第2セットをゴファンに奪い返され、ファイナルセットへ突入。

ファイナルセット序盤はブレーク合戦となったが、モンフィスはゲームカウント5-4、ゴファンのサービスゲームで握った2度目のマッチポイントをものにし、終止符を打った。

準々決勝では、第4シードで地元カナダ期待のM・ラオニチ(カナダ)と対戦する。ラオニチは3回戦で予選勝者のJ・ドナルドソン(アメリカ)を6-2, 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

モンフィスは準々決勝へ向けて「観客が多い中で試合をするのは大好き。もし、その観客が相手の応援であってもそれは構わない。とても良い試合になると期待している」と意気込みを語った。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月29日(金)18時26分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]