ここから本文です

30日に続々Jリーグデビュー!? 広島、鳥栖、鹿島の新たな助っ人ストライカーが出場可能に

theWORLD(ザ・ワールド) 7月29日(金)17時22分配信

Jリーグデビューなるか

Jリーグは登録選手追加・変更・抹消の発表をした。

J1リーグではサンフレッチェ広島、サガン鳥栖、鹿島アントラーズの新たな助っ人選手が出場可能となった。30日、ホームに鹿島を迎える鳥栖は、7月22日に加入が発表されたモロッコ出身FWムスタファ・エル・カビル、対する鹿島は、27日に期限付きでの加入を発表され、28日からチームのトレーニングに合流したばかりのFWファブリシオが早くもJリーグデビューを果たす可能性がある。

また、昨季チャンピオンシップで激闘を繰り広げガンバ大阪と対戦する広島は、アーセナルに戦いの場を移した浅野の代役として補強したFWアンデルソン・ロペスが出場可能に。同選手はこれまでブラジルのアトレチコ・パラナエンセでプレイしており、7月10日に広島への加入が発表されていた。

2ndステージも中盤戦に突入する2016年のJ1リーグだが、30日に開催される2ndステージ第6節では、2ndステージ5試合で3勝2分と好調の鳥栖に加入したモロッコ出身ストライカーや鹿島で再び金崎夢生とチームメイトになったファブリシオ、そして連覇を狙う広島に加入したアンデルソン・ロペスに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月29日(金)17時22分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報