ここから本文です

ソフトバンク吉村、決死のダイビング捕球で先発・和田を救う

Full-Count 7月29日(金)18時35分配信

首位決戦カードの第1戦、右翼線の長打コースへの飛球をキャッチ

 ソフトバンクの吉村裕基外野手が29日の日本ハム戦(札幌ドーム)で、決死のダイビングキャッチを見せた。

 「8番・右翼」でスタメン出場。初回2死の守りで魅せた。陽岱鋼の右翼線へ切れていく打球に猛チャージすると、左グラブを伸ばして飛び込んだ。打球を見事にキャッチ。右飛とすると、ソフトバンクファンから歓声を浴びた。

 打球が抜けていれば、長打は確実だった。2試合ぶりのスタメン出場。まずは守備で先発の和田を助けた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月29日(金)18時41分

Full-Count