ここから本文です

【MLB】先発ローテを牽引する前田健太の奮闘に「ファンタスティック」と指揮官

Full-Count 7月29日(金)19時11分配信

肩肘の健康が懸念され出来高重視の契約も「まるで岩のような存在」と地元紙

 昨オフ、ポスティング制度を利用してメジャー移籍を目指した前田健太投手は、健康問題への懸念から8年年俸総額2500万ドル(約30億円)をベースに、巨額のインセンティブ(出来高)が加わる特殊な契約をドジャースと結び、話題となった。だが、シーズン後半戦に入り、優勝争いに熱を帯びてきた今、怪我人が続出するドジャース先発陣を牽引するのは、力闘を続ける前田だ。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」電子版では、「ケンタ・マエダはドジャースにとってお買い得だったと証明」と題した特集記事を掲載している。

広島時代から光る安定感…前田健太のNPB・MLBでの年度別成績一覧

 今季からドジャースに加入した前田は、これまで20試合に先発し、9勝7敗、防御率3.25と安定感の高さを示している。そんな右腕は、すっかり新天地に順応している様子だ。地元メディアに「デビューシーズンで最も誇れる達成は?」と英語で質問されると、通訳からの説明を待たずに「ホームラン」と満面の笑みで答えたという。前田は、メジャーデビュー戦となった4月6日パドレス戦で、豪快なソロホームランを放っている。

 先日は見事なスクイズを決めるなど、打席でも大活躍の前田だが、記事では、日本人投手は適応が難しいとされるメジャーの先発ローテスケジュールを守り続ける仕事ぶりについて評価。「揺るがず頑丈な右腕は、故障者続出で不安定な先発ローテので、まるで岩のような存在だ」と絶賛されている。

故障者続出の投手陣で光る存在感、「彼が投げると勝てる気がする」とロバーツ監督

 今季のドジャース投手陣は故障者が続出している。エース左腕クレイトン・カーショー、柳賢振、アレックス・ウッドが故障で離脱し、フリオ・ウリアス、マイク・ボルシンガー、ロス・ストリップリングは調子が不安定。前田の堅実なピッチングは、チームにとって有益なものとなっている。

 前田の安定感は、データからも読み取れる。記事によれば、これまで113回2/3を投げて115奪三振、32四球という成績を記録。9回あたりの平均奪三振数は9.11、与四球は2.53だった。

 一方、やや物足りないのは投球回数だ。先発1試合あたり平均5回2/3を投げていて、6回以上投げたのは11試合だった。記事では「自分が望むほど長い回数を投げてはいない」と指摘しながらも、「おそらく1試合を除きすべての先発試合でドジャースに勝つチャンスを与えている」と奮闘を称えている。

 デーブ・ロバーツ監督も新人右腕の働きぶりに目を細めている。「彼は我々の期待を上回っている。毎試合いいピッチングは望めないが、環境への適応など、あらゆる条件を考慮しても、ケンタはファンタスティックだ。彼が先発の時は、みんな勝てる気がしている」と絶賛。そして「先発ローテを一度も飛ばさずに投げていることは、とても心強い。自分の体のケアが素晴らしい」と話し、入団前のフィジカル検査で顕在化したと肘と肩の不安について、現在は気に掛けていないようだ。

1/2ページ

最終更新:7月29日(金)19時41分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]