ここから本文です

日本ハム田中賢、2試合連続先制打「先に点を入れることが重要だった」

Full-Count 7月29日(金)19時26分配信

3回2死一、三塁の好機にセンター前へ適時打放つ

 日本ハムの田中賢介内野手が29日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で先制タイムリーを放った。

 3回、市川、中島の連続四球などで作った2死一、三塁のチャンス。ソフトバンク先発・和田の外角高め144キロ直球をライナーで打ち返した。これが中前適時打となり、先制点を呼び込んだ。

 28日の西武戦(西武プリンスドーム)に続き、2試合連続で先制打を放った。田中賢は「今日の先発は有原。先に点を入れることが重要だっただけに、しっかりと先制できて良かったです」とコメントした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月29日(金)19時26分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。