ここから本文です

クロップ流が活きるのはここからだ ジェラード「欧州カップ戦がないのは大きなアドバンテージ」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/29(金) 20:20配信

今季はリーグ戦1本で

昨季リーグ戦を8位で終えてしまったリヴァプールは、今季欧州のカップ戦に出場することができない。昨季はヨーロッパリーグ決勝まで進出しただけに、少しばかり残念な部分もある。

しかし、元リヴァプールのスティーブン・ジェラードはこれが大きなアドバンテージになると考えている。英『Liverpool Echo』によると、ジェラードは平日に試合がないことは気分的にも違いがあると語り、週末のビッグゲームに備えられることがクロップのハードなスタイルに合っているはずと持論を展開した。

「僕の経験から言うと、一週間の真ん中にゲームがないのはメンタルの面で決定的な違いがあるんだ。移動もしなくてはいけないからね。クロップのスタイルを考えると、僕は欧州のカップ戦がないことは大きなアドバンテージになると思う」

クロップのスタイルは選手に大きな負担がかかり、昨季は試合数が多すぎてリーグ戦で疲労が出てしまった側面もある。その点今季はリーグ戦に集中することができ、クロップのハイエネルギーなサッカーを1シーズン続けることも不可能ではないだろう。

昨季はヨーロッパリーグ、キャピタル・ワン・カップの両方で決勝まで進出したリヴァプールだが、今季は目標を1つに絞って戦うことができそうだ。

最終更新:7/29(金) 20:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革