ここから本文です

ソフトバンク柳田が値千金の同点打 日ハム戦で今季初打点

Full-Count 7/29(金) 20:18配信

鬼門だった日ハム戦、今季対戦打率.235も、首位決戦で同点のセンター前打

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が29日の日本ハム戦(札幌ドーム)で同点タイムリーを放った。

 1点を追う6回無死一、三塁の場面。2ボール2ストライクと追い込まれた柳田は、日ハム先発・有原の高め150キロ直球に振り負けず、きっちり打ち返した。中前へ弾む一打で三塁走者・明石が生還。自らも快足を飛ばして二塁へ滑り込んだ。

 柳田は試合前まで日本ハム戦は打率.235、0本塁打、0打点。日本ハム戦は今季初打点となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/29(金) 20:20

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています