ここから本文です

孤軍奮闘の先発・石川を打線が援護できず 伊東監督「なんとか打開策を…」

Full-Count 7/29(金) 22:44配信

7回無失点の石川は防御率1.69、日ハム有原を抜いてリーグトップに

 ロッテは先発を務めた石川歩が孤軍奮闘するも、点の取れない打線は重症で3連敗。7月負け越しが決まった。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 楽天先発・美馬の前に7回までわずか3安打。22日、同じ石川との投げ合いで、6回9失点とKOした相手に全く手が出ず、伊東監督は「打線がなかなか突破口を開けない。何とか打開策を見つけないと」とため息をついた。

 マウンド上の石川は、2回、4回と先頭打者にヒットを打たれたが、4回は決め球のシンカーとカーブをうまくつかってウィーラー、アマダーの両外国人、さらに今江を3者連続三振。本来なら続投のはずだが「首に張りがあり、限界っぽかった」(伊東監督)と7回を投げて5安打無失点、わずか87球で降板させた。

 「調子自体はあまりよくなかったが、田村が上手くリードしてくれた。ランナーを出してから、何とか粘って、試合を作ることが出来た」と振り返る石川は、防御率1.69に改善。この日のソフトバンク戦で5失点と打ち込まれた日本ハム有原が1.90に下げたため、防御率トップに躍り出たが、この3試合でわずか2得点の打線は11勝目の後押しをしてくれなかった。

 伊東監督が「打線がダメだと中継ぎにプレッシャーがかかる」と話す通り、8回から登板した益田は4連打で2点を失い、9回は松永、東條は5四死球の自滅状態で7点を失い、火に油を注いだ。

 不振のナバーロを下げて、鈴木を5番に置く打線の組み換えも中軸が機能しない。試合後「終わったわけじゃない。何とかします」と話す伊東監督は、必死に前を向こうとした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/29(金) 22:44

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。