ここから本文です

BMW、拡大するGT4マーケットへ向けM4 GT4を開発。2018年投入へ

オートスポーツweb 7月29日(金)4時27分配信

 BMWモータースポーツは、カスタマーレーシング用の新しいモデルレンジとして、M4クーペをベースとした『M4 GT4』を開発し、2018年から発売すると発表した。

【スーパーGTで活躍するStudie BMW M6】

 近年、車両価格が高騰しはじめ、スピードとしてもジェントルマンドライバーにとって手が出しづらくなりつつあるGT3に代わって、世界的に人気が高まりつつあるGT4カテゴリー。将来性のあるマーケットに向け、BMWは新たにM4のレーシングバージョンであるM4 GT4を製作することになった。

 BMW M4 GT4は、2016年末にテストが開始され、2017年後半にカスタマーへのデリバリーを開始。BMWでは、最初のレース出場は2018年のドバイ24時間を想定しているという。

 GT4カテゴリーはより市販車に近い改造範囲となるが、M4 GT4ではカーボンボンネットを市販のM4 GTSから流用。カーボン製のドア等を備え、フロントスプリッター、リヤウイング、レース用エキゾースト等が加えられるという。また、ドライブトレーンも市販のM4クーペから流用される。

「GT4カテゴリーはいま、ブームを迎えつつある。このカテゴリーは高性能な車両で手頃な参加の機会を提供でき、幅広い関心を惹きつけることができる」と語るのは、BMWモータースポーツのイェンス・マルカルト。

「我々はBMW M4 GT4が世界中のBMWカスタマーチームのために、有力なオプションとなる可能性があると思っている。こういったカスタマーレーシングカーをプライベートに提供することは、BMWモータースポーツの能力のひとつなんだ」

「BMW M4クーペは、GT4モデルの完璧なベース車両だ。これにより、カスタマーレーシングの最高峰であるBMW M6 GT3と、BMW M235iの間を埋めることができる。BMW M4 GT4は、完全にプライベーターのために設計され、彼らがBMWモータースポーツの大使として世界中で戦うことになる」

 BMWモータースポーツでは、将来GT3カテゴリーで戦うことができる若手育成のためにも、このBMW M4 GT4を使用する考えがあるという。

 GT4カテゴリーのレーシングカーは、他のドイツメーカーも開発を検討していると言われており、今後世界的な潮流になり得るかもしれない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月29日(金)4時29分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]