ここから本文です

ロズベルグ、母国でトップ発進。アロンソはホッケンハイムでも7位に

オートスポーツweb 7月29日(金)18時54分配信

 2016年F1第12戦ドイツGPは、7月29日にフリー走行1回目が行われた。昨年はニュルブルクリンクで開催できなくなったため、ドイツGPは休止。2年ぶりのホームグランプリに臨むメルセデスのニコ・ロズベルグが首位に立ち、ルイス・ハミルトンにコンマ3秒差をつけた。2014年にホッケンハイムで開催されたときと比較すると、すでにメルセデスの2台は当時の予選ポールポジションタイムを上回っており、全体的にペースが上がっている。

ハンガリーでは、ずっと7位だったアロンソ

 セッション開始時のコンディションは気温22度、路面31度。マクラーレン・ホンダのガレージでは、35歳の誕生日を迎えたフェルナンド・アロンソに特製のケーキが用意され、注目を集めていた。

 まずは、そのアロンソが最初にスーパーソフトタイヤを履いて、1分18秒817の基準タイムをマーク。その後、メルセデスのルイス・ハミルトンがソフトタイヤでコースに出ると、1分17秒947でトップに立つ。フェラーリのキミ・ライコネンがスーパーソフトで逆転、1分17秒627までタイムを縮める。

 さらにセバスチャン・ベッテルがスーパーソフトで僚友を上回り、メルセデスのニコ・ロズベルグはソフトタイヤでトップに立つ。ロズベルグは1分17秒030までタイムを縮め、開始40分時点でのトップ10は、ロズベルグ、ベッテル、ハミルトン、ライコネン、ダニエル・リカルド、アロンソ、マックス・フェルスタッペン、カルロス・サインツJr.、ジェンソン・バトン、バルテリ・ボッタス。

 残り時間40分ほどの時点で、静寂を破ったのは暫定トップのロズベルグ。新品のスーパーソフトタイヤでアタックをかけて1分15秒517を出し、早くも2014年に自らが出したポールポジションタイムを上回った。続いてハミルトンもスーパーソフトでタイムを出したが、0.326秒差でロズベルグに届かず、2番手となる。この時間帯に再びスーパーソフトでアタックしたアロンソは、一時メルセデス勢とベッテルに続く4番手へと浮上。

 残り15分ほどでライコネンが4番手に上がり、終盤は各車ロングランを行うなか、大きな順位の変動はないまま最初のセッションが終了した。天候は次第に雲が多くなり、気温23度、路面33度となっている。

 メルセデスにフェラーリ、レッドブル、マクラーレン勢が続き、アロンソはハンガロリンクの週末に続く“定位置”の7位。バトンも8位にきたが、ブレーキの不調やアンダーステアを訴えており満足のいく状態ではないようだ。

 なお、ウイリアムズ、ハース、ルノー勢とマノーのパスカル・ウェーレインはソフト、フォース・インディアはミディアムタイヤでベストタイムを記録している。

 ルノーはジョリオン・パーマーに代わり、エステバン・オコン。ハースはエステバン・グティエレスに代わってシャルル・ルクレールがステアリングを握った。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月29日(金)18時59分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。