ここから本文です

感覚ピエロ 新MVお披露目&次回の東名阪ワンマン発表

Billboard Japan 7月29日(金)11時30分配信

 テレビドラマ主題歌で話題の4人組ロックバンド 感覚ピエロが、11月から翌年1月にかけて、東名阪ワンマン公演を行うことを発表した。

 感覚ピエロは、未だどこの事務所・レーベルにも属さずに宮藤官九郎脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』の主題歌に抜擢され、話題沸騰中のDIY (Do It Yourself) 精神旺盛なインディーズバンド。そんな彼らが、7月28日に大阪でファイナルを迎える、セカンドミニアルバム『不可能可能化』リリースツアー東名阪ワンマン公演にて、最新曲「加速エモーション」のMVとともに次回の“東名阪ワンマン公演”を発表した。現在、オフィシャルHPにてチケットの先行受付を開始している。なお、「加速エモーション」MVの解禁は未定となっている。

◎公演情報
【感覚ピエロの三点責め 東名阪 イク×2 ワンマンツアー】
2016年11月05日 (土) 愛知 名古屋 DIAMOND HALL
2016年12月08日 (木) 東京 恵比寿 LIQUIDROOM
2017年01月06日 (金) 大阪 なんば Hatch
<オフィシャルHP先行>
受付期間:7/28 (木) 22:00 ~ 7/31 (日) 23:59
一般発売日:9/3 (土)

最終更新:7月29日(金)11時30分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。