ここから本文です

レディー・ガガ、民主党大会コンサートでビートルズの名曲ほか披露

Billboard Japan 7月29日(金)17時20分配信

 レディー・ガガが7月28日、民主党全国大会のための完全招待制フリー・コンサートでステージに上がり、ウディ・ガスリー、ニール・ヤング、ザ・ビートルズなどの名曲カバーを披露した。

 ニュージャージー州のコリー・ブッカー上院議員は、ガガのことを物言う事を恐れないスターと称し、「彼女は我々全員のために闘っている、性的暴行の被害者から心の病を患う人々に至るまで。彼女は強力なサウンドトラックにのせて愛のゴスペルを伝えています」と話した。

 この紹介を受けて会場が歓声に包まれるなか、ステージに上がりブッカーの腕の中に飛び込んだガガは、はじめにガスリーの「わが祖国(This Land is Your Land)」をジャジーにカバーした後、ヤングの「オールド・マン」を披露。最後にザ・ビートルズの「カム・トゥゲザー」で締めると、アンコールに応えてエディット・ピアフの「ばら色の人生(La Vie en Rose)」を歌った。

 報道陣は入れなかった同イベント。オバマやクリントン、バイデン一家は全員出席していた。

 【カムデン・ライジング】はアメリカで最も貧しい都市の一つであるカムデンで数時間にわたり行われ、その後、ヒラリー・クリントンが正式に民主党の大統領候補指名を受けた。

最終更新:7月29日(金)17時20分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。