ここから本文です

船越英一郎、父が演じた不貞の男役を継承 『黒い十人の女』バカリズム脚本でリメイク

クランクイン! 7月29日(金)6時0分配信

 市川崑監督の代表作『黒い十人の女』が、バカリズムの脚本で現代版の連続ドラマとして大胆にリメイク、放送されることが分かった。主演は、1961年に公開されたオリジナル版で主役を務めた船越英二の息子・船越英一郎が担当。自ら熱望し、父親が演じた役柄に初挑戦する。

【関連】『黒い十人の女』オリジナル版フォトギャラリー


 妻の他に9人の愛人を持つテレビプロデューサーが彼女たちに殺害を共謀されるというストーリーを、ブラックユーモアを交えて描く本作。オリジナル版は市川崑監督、妻の和田夏十が脚本、岸恵子、山本富士子、中村玉緒、宮城まり子、岸田今日子ら、そうそうたる女優陣が顔を揃えており、モノクロームで映し出されるスタイリッシュな映像は、未だ根強いファンがいる。

 2002年にはフジテレビにて再び市川監督、小林薫、鈴木京香、小泉今日子、深田恭子、浅野ゆう子ほかのキャストでドラマ化、2011年にはケラリーノ・サンドロヴィッチ演出・脚本、劇団ナイロン100℃にて舞台化もされるなど、長く親しまれている。

 今回脚本を担当するのは、ドラマ『素敵な選TAXI』『かもしれない女優たち』を手掛け注目されるバカリズム。原作もの、1話完結以外の連続ドラマは初挑戦となる。バカリズムは「オシャレな映画だなあというのが第一印象でした」とオリジナル版の感想を語りながら、不倫というテーマに対して「独身の僕にはファンタジーの世界なので、自分なりに想像力を働かせて面白おかしく描ければと思います」と制作に向ける思いを明かしている。

 妻の他に9人の愛人を抱える不貞の男・風松吉役を演じる船越は「日本映画が誇る天才・市川崑、和田夏十、両氏と現在の天才・バカリズムとの出会いがとてつもない化学反応を起こす事は必至!サスペンス、コメディ、ラブストーリーetc.全てのジャンルを内包した、誰も見た事のない新しいドラマが生まれる予感がしています」と作品の出来を期待するとともにアピールした。

 ドラマ『黒い十人の女』は読売テレビ・日本テレビ系にて9月29日より毎週木曜23時59分放送。

最終更新:7月29日(金)6時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。