ここから本文です

氣志團、13年ぶりに映画出演! ベートーベン、バッハら音楽家役

クランクイン! 7月29日(金)6時0分配信

 現在放送中の平成仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日系)で主題歌を担当している氣志團が、役者として、8月6日より公開される『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』にゲスト出演することが発表された。

【関連】『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』製作発表会見<フォトギャラリー>


 TVシリーズ『仮面ライダーゴースト』の主題歌「我ら思う、故に我ら在り」は、氣志團のリーダー・綾小路翔が本作の為に書き下ろした楽曲で、彼らの9枚目のシングル「俺達には土曜日しかない」以来約10年ぶりにオリコンウィークリーチャート4位を獲得した。

 大好評を受け、映画では新たに綾小路作の「ABAYO」が主題歌に決定していたが、今回、更に氣志團のメンバーが役者として出演することも決定。氣志團の映画出演は2003年の『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』以来、13年ぶり。またこれまで氣志團が映画やドラマで出演する際は常に本人役での出演だったが、今回は初めて本人以外の役を演じることとなる。

 映画の主人公タケルたちが、英雄たちの住む村に迷い込むというストーリーにちなみ英雄の村に住む偉人として、ベートーベン役に綾小路翔、バッハ役に早乙女光、モーツァルト役に西園寺瞳、ショパン役に星グランマニエ、シューベルト役に白鳥松竹梅がキャスティング。劇中では「我ら思う、故に我ら在り」を披露するシーンもあり、出演者たちの振り付け指導も氣志團自らが直接現場で行ったという。

 ベートーベン役での出演について綾小路は「衣装も細部に至るところまで話し合った上でスタイリングして頂いたので、当日は本物が降りてきましたね。こうやって小泉純一郎役をしっかりとやらせて頂いて、本当に感謝しております」とジョークを織り交ぜながら、「基本的にはお芝居をしたことがないですし、その大役を果たせるのか不安がありましたが、この上ない光栄な話で、是非やらせて頂きたいとお伝えしました」とオファーを受けた際の思いを振り返っていた。

 『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間/劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』(同時上映)は8月6日より公開。

最終更新:7月29日(金)6時0分

クランクイン!