ここから本文です

剛力彩芽主演『グ・ラ・メ!』毎話登場する絶品“築地グルメ”に注目!

クランクイン! 7月29日(金)17時10分配信

 女優の剛力彩芽が主演するテレビ朝日系ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』に、築地の絶品グルメが毎話登場することがわかった。7月22日放送の第1話では、築地市場の名店『とんかつ八千代』で火・木・土曜日限定で提供される「チャーシューエッグ定食」が紹介されていた。

【関連】「剛力彩芽」フォトギャラリー


 本作は、剛力演じるフランス帰りの若き女性シェフ・一木くるみが、総理官邸に乗り込み、その料理の腕ひとつで数々の要人・政治家たちを虜にしていくストーリー。キャストにはドラマ『民王』の秘書役で注目された高橋一生がライバル役を演じるほか、滝藤賢一、三宅弘城、小日向文世、片桐仁が名を連ねる。

 劇中では、くるみとくるみに助言をくれる料理人・田村友和(三宅)がある定食店に通う姿が描かれる。ここでは、黙って座れば店主の“かなさん”が特別ルートで調達してきた築地で話題の絶品グルメメニューがなぜか食べられる、という設定。要人に振る舞う料理のアイディアを練ったり、料理を食べる中でひらめきを得たり、とふたりにとって非常に重要な場だ。今後もビーフシチューやカレーなど築地周辺で食べられるとっておきの有名グルメの数々が登場する予定だ。

 29日放送の第2話では高橋演じる官邸食堂総料理長・清沢晴樹が本格的に登場。これまで来賓をもてなす料理の一切を取り仕切ってきたのが清沢。海外出張で不在の間に総理秘書官の古賀征二(滝藤)がくるみ(剛力)を“官邸料理人”として招き入れたことに憤慨しながらも、“皇帝の微笑み”と呼ばれる余裕の笑みをたたえながら、くるみの前に立ちはだかる。 そのころ、古賀は総理の阿藤一郎(小日向)に、「一木くるみを使い続けるには、清沢をうまく使うことも必要かと…」と進言していた…。

 テレビ朝日系ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』は毎週金曜、23時15分放送。

最終更新:7月29日(金)17時10分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。