ここから本文です

福士蒼汰、人気小説『ちょっと今から仕事やめてくる』実写で主演

クランクイン! 7/29(金) 12:25配信

 作家・北川恵海の人気小説を原作とした映画『ちょっと今から仕事やめてくる』が、主演に福士蒼汰を迎えて映画化されることが分かった。本作で大阪弁に挑戦する福士は「テレビで関西の芸人さんを注意して見るようにして、ひたすら染み着くように頑張ります」と気合十分に語っている。

【関連】「福士蒼汰」フォトギャラリー


 原作は、第21回電撃小説大賞にて「メディアワークス文庫賞」を受賞、50万部を突破しながら現在もさらに売り上げを伸ばしている人気作品。仕事で精神的に追い詰められていた一人の会社員が、ある日幼馴染みと名乗る一人の謎の男と出会い、自身の人生を取り戻していく感動のストーリー。監督・脚本は、『八日目の蝉』『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』で高い評価を受けた成島出。

 大阪弁でいつでも爽やかな笑顔をみせる謎の男・ヤマモト役を演じる福士の共演には、精神的に疲弊した会社員・青山隆役に工藤阿須加、青山の憧れの先輩・五十嵐美紀役に黒木華、青山を追い詰める部長・山上守役に吉田鋼太郎と強力な布陣。さらに謎の男ヤマモトの過去を知る女・大場玲子を演じるのは小池栄子と、豪華キャストが出揃っている。

 今回の出演に際し福士は、大阪弁に高いハードルを感じ「監督にお勧めして頂いたやすしきよしさんのDVDや、テレビで関西の芸人さんを注意して見るようにして、ひたすら染み着くように頑張ります」と役作りを明かし、「初の成島組ですが、登場人物をリアリティー溢れる魅力的なキャラクターに引っ張ってくださるので、安心して成島監督ワールドに浸かりたいと思います」と期待を語った。

 また、初共演の工藤に対して「とても真面目で前向きな方だなという印象。工藤さんとのシーンがほとんどなので、2人で作品の空気を作れたらと思います」と共演を楽しみにしている様子をコメント。一方の工藤も「福士さんとの芝居の掛け合いを楽しみながら、日々集中して成島監督の現場に挑みたいと思っています」と撮影への意気込みを見せている。

最終更新:7/29(金) 12:25

クランクイン!