ここから本文です

DCドラマ『スーパーガール』出演、新スーパーマンの初ビジュアル公開

クランクイン! 7月29日(金)19時30分配信

 今秋のシーズン2から米CW局で放送される海外ドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』に、スーパーマンが登場することは既に発表となっていたが、この度、スーパーガールとスーパーマンのツーショット・ビジュアルが公開された。

【関連】『SUPERGIRL/スーパーガール』フォトギャラリー


 スーパーマン役を射止めたのは、海外ドラマ『ティーン・ウルフ』のデレク・ヘイル役でお馴染みの俳優タイラー・ホークリン。映画『ロード・トゥ・パーディション』(02)にはトム・ハンクスの息子役で出演した。

 公開されたビジュアルでは、雲の浮かんだ空を背景に、腰に腕をあてて立つスーパーガール(メリッサ・ブノワ)とスーパーマンの雄姿が拝見できる。スーパーマンのユニフォームの「S」の字のロゴの中は、イエローともゴールドとも言えるカラーで光っている。

 これまでに映画『スーパーマン』シリーズや『マン・オブ・スティール』などを含む映画やドラマで、クリストファー・リーヴやヘンリー・カヴィル、ジョージ・リーヴス、トム・ウェリングなど数々の俳優がスーパーマンを演じてきた。タイラー演じるスーパーマンはドラマの主役ではないが、他の作品では描かれることのなかったスーパーガールとの絡みに期待したい。

 スーパーマンは、現地時間10月10日に全米でプレミア放送を迎える『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン2の第1話に登場する予定だ。

最終更新:7月29日(金)19時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。