ここから本文です

モノづくりって楽しい 富山・県技術専門学院で体験

北日本新聞 7月29日(金)17時7分配信

 県技術専門学院の「夏休みものづくり体験の日」は29日、富山市向新庄町の同学院であり、小学生68人が金属加工や木工、裁縫などを楽しんだ。

 ものづくりの楽しさを伝えようと毎年夏休みに実施。ことしは銅板のネームプレート、木のブックエンド、ティッシュカバー作りなど7コースを設け、児童は関心のある題材に取り組んだ。

 木材を組み合わせたり、かんなで削ったりして箸と箸箱を作った同市藤ノ木小3年の初山佳蓮さん(8)は「完成したらお弁当の日に使う。友だちに見せて、自分が作ったと教えたい」とうれしそうに話していた。

北日本新聞社

最終更新:7月29日(金)17時7分

北日本新聞