ここから本文です

季節外れの“冬”を迎えた西武…「捕手・森友哉」が新風を吹き込む

ベースボールキング 7月29日(金)10時0分配信

自力CSも消滅…状況は日に日に悪化

 7月26日、西武の自力CS進出が消滅した。日を追うごとに状況は悪くなるばかり……。田辺徳雄監督も「重く受け止めている」と苦悶に満ちた表情で口を開いた。

 このままいけば、3年連続のBクラス。それどころか「西武ライオンズ」が誕生した1979年以来、実に37年ぶりの最下位に終わることも頭をよぎる。

 だからと言って、下を向いている暇はない。「前を向いてやっていくしかない」。指揮官がそう語った2日後の28日、不調の影響などもあり、栗山巧はベンチスタート。中村剛也を4番から外すなど試行錯誤し、チームに変化を与えた。

 その結果、初回から打線がつながり勝利を収めたが、長い目で見た時に今後につながる結果だったかと問われると疑問符がつく。

 そんな中、チームに新たな風を吹き込む存在として期待されているのが、この日も4打数2安打と活躍したプロ3年目20歳の森友哉だ。ただし、それは「右翼・森」でも「DH・森」でもなく「捕手・森」。もちろんリスクは承知の上だ。

できる力を持っている、足りないのは“経験”だけ

 大阪桐蔭高時代は強肩強打の捕手として甲子園を沸かせた森。2013年、ドラフト1位捕手として大きな期待を受けてプロの世界へと飛び込んできた。

 ルーキーイヤーからいきなり一軍で6本塁打を放つなど、すぐにその“大物”ぶりを発揮。2年目の昨季は指名打者としてレギュラーに定着。138試合に出場し、打率.287、17本塁打、68打点と活躍を見せた。

 そんな森は、29日のオリックス戦で2年ぶりに捕手として先発出場する見込みとなっている。

 「チームもこんな状況だから、若い選手にチャンスを」。そう話すのは田口昌徳バッテリーコーチ。森には「準備しとけよ」と伝えたと言う。

 「捕手として取ったからには、やらせてあげたい」。これが田口コーチの親心だ。

 捕手としての経験は圧倒的に乏しい。ちなみに、昨季は「0」。今季は春季キャンプで本格的に捕手の練習に取り組んだものの、オープン戦の途中からは打撃に専念させるため、再び捕手を「封印」した。

 というのも、一軍には侍ジャパンの常連の正捕手・炭谷銀仁朗という大きな存在がおり、加えて森と同期で大阪桐蔭の先輩でもある岡田雅利に、ベテランの上本達之らがおり、開幕してからも森がマスクをかぶることはほとんどなかった。

 ここに来て試合終盤からマスクをかぶるというシーンが見られるようになったが、それもわずか2試合のみだ。

1/2ページ

最終更新:7月29日(金)10時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。