ここから本文です

オリ・糸井が自己最多に並ぶ33盗塁 35歳以上で40盗塁を記録した選手は?

ベースボールキング 7/29(金) 15:45配信

 28日のロッテ戦で、サヨナラを呼び込む盗塁を2つ決めたオリックスの糸井嘉男は今季、ここまで、自己最多に並ぶ33盗塁をマークし、リーグトップの盗塁数を誇る。今月の31日で35歳を迎える糸井は、このままのペースで盗塁を重ねていくと、シーズン終了時には53盗塁という計算になる。

 盗塁王といえば、近年、中島卓也(日本ハム)、西川遥輝(日本ハム)、山田哲人(ヤクルト)、梶谷隆幸(DeNA)といった20代の選手が獲得しているケースが多く、30代以上の選手で獲得した選手はほとんどいない。そこで過去に、35歳以上のシーズンで40盗塁以上を記録した選手がいたのか調べてみた。

 通算1065盗塁の日本記録を持つ福本は、35歳となった82年のシーズンで54盗塁を記録し、盗塁王のタイトルを獲得。翌年はタイトルを逃したものの、前年よりも1つ多い55盗塁をマークした。37歳となった84年から引退した88年までを見ると、36盗塁、23盗塁、23盗塁、6盗塁、3盗塁と40盗塁には届かなかったものの、引退する2年前まで、二ケタ盗塁を記録している。

福本豊
82年:54盗塁[35歳]
83年:55盗塁[36歳]

 近年では西武、オリックスでプレーしたヘルマンも、35歳で迎えた西武時代の13年に、40盗塁をマーク。頭からスライディングする盗塁スタイルで、ファンを沸かせた。一方で、盗塁の失敗も多く、同年は40盗塁を決めているが、失敗数はリーグワーストの20だった。

ヘルマン
12年:40盗塁[35歳]

 また、海の向こうメジャーで活躍するイチローは、マリナーズ時代の08年に35歳のシーズンに43盗塁を記録すると、翌09年は26盗塁と減少したものの、10年が42盗塁、11年が40盗塁と“ベテラン”と呼ばれる年齢となっても快速ぶりを発揮している。

イチロー
08年:43盗塁[35歳]
10年:42盗塁[37歳]
11年:40盗塁[38歳]

 その他、広瀬叔功が36歳のシーズンで、42盗塁を記録した。ちなみに、93年に35歳のシーズンで盗塁王に輝いた大石大二郎(近鉄)は同年、31盗塁だったこともあり、40盗塁以上には届かなかった。

BASEBALL KING

最終更新:7/29(金) 16:05

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。