ここから本文です

湯快リゾートがプレ営業 白浜の元老舗ホテル

紀伊民報 7月29日(金)16時46分配信

 和歌山県白浜町で二つのホテルを運営する「湯快リゾート」(京都市)は、3月で閉館していた「ホテル古賀の井」(白浜町)の土地と建物を「カラカミ観光」(札幌市)から購入し、29日に宿泊施設としてプレオープンした。8月28日まで一部の客室を使って営業し、改装した上で、秋にもグランドオープンさせるという。

 湯快リゾートがカラカミ観光から購入した土地は2万283平方メートルで、建物は鉄筋コンクリート7階建て、延べ床面積は1万3524平方メートル。金額は非公表。

 湯快リゾートは施設名を「白浜彩朝楽(さいちょうらく)」として運営する。8月28日までは65室を使う。グランドオープン後は客室が145室になる。金額は1泊2食付きで7500円から、素泊まりは4千円から。食事は町内で同社が運営する「白浜御苑」か「ホテル千畳」で取ってもらう形にするという。

最終更新:7月29日(金)16時46分

紀伊民報