ここから本文です

大輪迷路に園児が完成 津幡・ひまわり村

北國新聞社 7/29(金) 3:16配信

 河北潟干拓地にある「ひまわり村」の開村イベント「ひまわりフェスタ」は28日、津幡町湖東の同所で行われ、地元園児約170人が夏の風物詩となった35万本のヒマワリで造る迷路を歩き回り、満開の花に歓声を上げた。

 金沢、かほく、津幡、内灘の2市2町の園児は手をつなぎ、頭上に咲く大輪を眺めながら約2万3千平方メートルのヒマワリ畑を進んだ。26日に雨のため中止になった開村式に代わるイベントで、村長の矢田富郎津幡町長らがあいさつした。29日~8月2日の午後7時半~同9時にライトアップが行われ、30、31日は村の周囲を「ひまわりトロッコ」が走り、迷路内にカフェも登場する。花の見頃は8月上旬、迷路は同中旬までとなる。

北國新聞社

最終更新:7/29(金) 3:16

北國新聞社