ここから本文です

“経験豊富なDF”を探すマンU…インテルの31歳ミランダ獲得に関心

SOCCER KING 7月29日(金)11時37分配信

 マンチェスター・Uが、日本代表DF長友佑都のインテルに所属するブラジル代表DFミランダの獲得に関心を示しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が28日に報じている。

 マンチェスター・Uは今夏の移籍市場でコートジボワール代表DFエリック・バイリーをビジャレアルから獲得したが、ジョゼ・モウリーニョ監督は経験豊富なDFの選手をチームに加えたいと考えているようだ。

 25日付のイギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』ではユヴェントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチへの関心も伝えられていたが、今回の報道ではミランダが補強ターゲットとして挙げられている。モウリーニョ監督はチェルシーを率いていた時期にもミランダの獲得を目指していたと報じられており、同選手を高く評価しているようだ。

 ミランダは1984年生まれの31歳。2011年にサンパウロからアトレティコ・マドリードに移籍し、昨年夏からインテルでプレーしている。2015-16シーズンはセリエAで31試合出場1ゴールを記録。ブラジル代表の一員としてコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016にも出場した。

SOCCER KING

最終更新:7月29日(金)11時37分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。