ここから本文です

東福岡を苦しめた昌平の司令塔…ボランチへのコンバートが転機に

SOCCER KING 7月29日(金)11時56分配信

 埼玉の注目MFが全国の頂点に君臨する東福岡高校(福岡)相手にその実力を証明した。昌平高校(埼玉1)の針谷岳晃はコーチングスタッフが「あの感覚は独特」というドリブルスキルと勝ち越しPKにつなげたスルーパス、そして後半アディショナルタイムに勝利を決定づけた直接CK弾。もしかすると、藤川虎太朗らプロ入り候補がズラリと並ぶ東福岡の選手以上に観衆にインパクトを残したのではないかと思われる司令塔が、全国制覇を目標に掲げる昌平を平成28年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)3回戦へ導いた。

 立ち上がりは東福岡が強さを示していたが、徐々に昌平のパスワークが東福岡を苦しめる。その中心にいたのが針谷。攻守においてポジションニング良くボールに絡んだ針谷は、相手のプレッシャーをいなして前進していく。東福岡と対峙したこの日も、本人はバイタルエリアでのプレーに手応えを得ており、そこから3人引きつけてのスルーパス、ドリブルで2人交わしての強烈シュートなどで脅威となっていた。

 ボールを触れば触るほど、その魅力が発揮されていた。昨年まではサイドハーフを務めていたが、ボランチに転向したことがブレイクのきっかけに。「ボランチは一番ボール受けられるし、周りを見ていないといけない。ボールを触らないと自分の良さが出ない」。360度見渡せるポジションを獲得したことで視野の広さを活かし、誰よりもボールを触って昌平の中心に君臨している。

 後半終了間際に狙って決めた2試合連続のCK弾など“もっている”男は一躍、埼玉の注目MFから全国で注目を集める存在になってきている。物静かな印象だが、志高い針谷はよりスカウトたちの目に触れるためにもまだまだ負ける訳にはいかないと考えている。「この舞台で東福岡に勝てたのはみんなにとって自信になったと思う。でも、明日負けたら意味がない。東福岡の分もがんばりたい」。試合後、東福岡の選手から「がんばれ」とエールを受けた針谷が、無念の敗退となった王者の分までこの夏、より一層の輝きを放つ。

文=吉田太郎

SOCCER KING

最終更新:7月29日(金)11時57分

SOCCER KING