ここから本文です

新天地探すバッカ、PSG移籍も断念か…エメリ監督「獲得する枠がない」

SOCCER KING 7月29日(金)16時56分配信

 パリ・サンジェルマンのウナイ・エメリ監督が、日本代表FW本田圭佑が所属するミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカを獲得しない意向を示した。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が28日に報じている。

 エメリ監督は同日に記者会見に臨み、セビージャ時代に指導したバッカについて「バッカはEU圏外選手であり、彼を獲得できるような枠がない」と言明。パリ・サンジェルマンには、元ブラジル代表DFマクスウェル、同代表DFチアゴ・シウヴァ、同DFダヴィド・ルイス、同MFルーカス・モウラの4人のブラジル人選手が在籍している。バッカを獲得するためにはこのうち1人を放出しなければならないため、現状では獲得の意思がないことを明かしている。

 バッカは、チャンピオンズリーグ出場を強く望んでいるが、恩師エメリの発言でパリ・サンジェルマンへの移籍は厳しくなった。また、移籍先の候補の一つに浮上していたナポリは、ユヴェントスに移籍したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの後釜に、アヤックスからポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクを獲得することが濃厚。ナポリへの移籍は閉ざされたものと見られており、去就の決着がつくのはまだ先になるようだ。

SOCCER KING

最終更新:7月29日(金)16時56分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。