ここから本文です

インゴルシュタットU23の19歳MF渡邊凌磨、トップチームの合宿に招集

SOCCER KING 7月29日(金)19時12分配信

 インゴルシュタットのU-23チームに所属するMF渡邊凌磨がトップチームの合宿に招集された。ドイツ誌『kicker』日本語版が28日に伝えた。

 インゴルシュタットはマルクス・カウチンスキ新監督の下、7月28日から8月5日までオーストリア西部のレンゲンフェルトにてトレーニングキャンプを行う。

https://www.instagram.com/p/BIaWKOOjxjX/?taken-by=dieschanzer

 だが、リオデジャネイロ・オリンピックドイツ代表に招集されたMFロベルト・バウアーとMFマックス・クリスティアンゼンはチームを離脱。両選手は新シーズン開幕直前に復帰することになるが、カウチンスキ監督は「別の形が望ましかったが、選手たちの気持ちもわかる。A代表への最後のステップだしね」と理解を示した。

 これを受けて指揮官は、U-23チームから渡邊、MFトーマス・クルツ、MFマルセル・シラー、DFジュゼッペ・レオ、そしてU-19チームからDFルーカス・ゲルスペックをキャンプに招集した。

 渡邊が所属するインゴルシュタットIIは、すでに新シーズン開幕を迎えている。現在19歳の同選手はここまで2試合にフル出場。開幕戦の1860ミュンヘンII戦では1-2で敗戦したが、つづくローゼンハイム戦では1得点をマークし、3-0の勝利に貢献した。

 なお、今回のキャンプでは、29日にハダースフィールドと、8月2日にはトリノとのテストマッチが行われる。

SOCCER KING

最終更新:7月29日(金)19時23分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]