ここから本文です

【予想スタメン】上位に浮上したい神戸と大宮…江坂任は好相性の相手に3戦連発を狙う

SOCCER KING 7月29日(金)20時20分配信

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節
7月30日 19:00 ヴィッセル神戸 vs 大宮アルディージャ(@ノエビアスタジアム神戸)

■ヴィッセル神戸 今後を占う重要な一戦、松村や石津ら控えアタッカーが好調

 2ndステージの神戸の勝率は2勝1分2敗の五分。ニウトン、橋本和が加入したばかりという状況を考慮すれば、まずまずと言えるかもしれない。ただ、2ndステージは9位、年間は11位に停滞していることを思えば、巻き返しが成功しているとは言えない。

 そういう意味で今節の大宮戦は浮上のきっかけをつかむか、それとも沈むかの岐路になる試合だと言っていい。試合のポイントは元神戸の河本裕之が引っ張る大宮の固い守備を崩せるかどうか。0-2で敗れた前節のアウェー、サンフレッチェ広島戦では、ネルシーニョ監督が「消極的にボールを動かし、消極的なサポートが多くなり、消極的なパスを入れて攻撃のボリュームを出せなかった」と振り返ったように、時にはリスクを背負ってでも二次、三次攻撃を仕掛ける勇気が必要になる。レアンドロがフリーでシュートを外すなど決定力不足も露呈した。そういう意味では、広島戦で途中出場した松村亮や石津大介ら控えのアタッカー陣の調子が上向きなのは好材料の一つ。また、左サイドの攻撃の起点になりうる橋本が加入後初の90分間出場を果たした点は大きい。

 不安材料としてはニウトンの守備か。26日の練習では4-3-3のアンカーの位置に入ったが機能していたようには見えず。攻撃面ではエアバトルの強さやミドルシュートなど武器は多いが、守備では相手カウンターへの対応が遅い傾向がある。守備でも本来のパフォーマンスを早く戻したい。(totoONE編集部)

■大宮アルディージャ 4戦未勝利とやや停滞、家長ら3選手が復帰濃厚

 前節のアルビレックス新潟戦では、渋谷洋樹監督がベンチ入り停止処分を受けた中、前半から劣勢の試合展開を強いられた。27分に江坂任のクロスがそのままゴールに決まるラッキーな形で先制したが、後半も流れを変えることはできずに66分、68分と立て続けにゴールを許してしまい、痛恨の敗戦を喫してしまった。逆転負けは今季初めてであり、これで2ndステージは4試合未勝利、2ndステージは10位、年間順位も8位まで後退した。チームが打ち立てた年間での勝ち点48を達成するためにも、そろそろ勝ち点3が欲しい。

 神戸戦を前に、菊地光将と家長昭博が練習に復帰した。前線でボールが収まらなかったことが、新潟戦で試合の主導権を握れなかった一因だ。途中出場からでも家長を起用することができれば、そこで流れを引き寄せられるはず。奥井諒が負傷離脱中の右サイドバックには、和田拓也が復帰する見込み。FWレアンドロ、ペドロ・ジュニオールと個の力のあるアタッカーとの試合を前に、対人戦に強いサイドバックの復帰は心強い限りだ。多くのチャンスを作れているわけではないが、それでもこの2試合はゴールを奪えている。持ち前の守備力を取り戻して、敵地から勝ち点を持ち帰りたい。

 今季、神戸とは1stステージとカップ戦で対戦済み。いずれも引き分けに終わっている。この2試合ともにゴールを挙げているのが、リーグ戦2試合連続ゴール中の江坂だ。ドラガン・ムルジャもベンチ入りが濃厚であり、前節のように90分劣勢になる展開にはならないはずだ。(totoONE編集部)

SOCCER KING

最終更新:7月29日(金)20時22分

SOCCER KING