ここから本文です

[MOM1828]米子北GK中原創太(3年)_「自分がやるんだ」雪辱のPKセーブで3回戦へ

ゲキサカ 7月29日(金)7時28分配信

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[7.28 全国高校総体2回戦 横浜創英高 1-1(PK4-5)米子北高 広島広域公園第一球技場]

 苦しい戦いとなった初戦。1年時から強豪のゴールを守るGK中原創太が米子北高を3回戦へ導いた。1-1で突入したPK戦。相手GKが米子北のシュートを続けて手に当てるなど、プレッシャーをかけられていた。それでも中原は1本に集中して見事にストップする。キッカーのボールの置き方、足の踏み込み方を見て読みを当てたGKは、相手5人目のシュートを左へ跳んで完璧に阻止。直後にFW崎山誉斗がゴールを破って勝利を決めると、守護神は歓喜の中心となった。

 中原にとっては前半に喫した失点のリベンジだった。FKのこぼれ球を打たれた一撃は壁の間を抜けてゴールへ。シュートは見えていたが「思い切り行けなかった」ことでやや反応が遅れ、手に当てたもののはじき出すことができなかった。それだけにPK戦でチームを救うことを考えていた。PK戦5人目、失点シーンで決められていた左へ今度は思い切りよく踏み込んでストップ。自身の悔しさも吹き飛ばすセーブでチームに勝利をもたらした。

 1年時から強豪で先発を任されてきた実力派守護神。だが、3年になった中原には悩みがあった。「一番苦しんだのは自分たちの代になって引っ張ってこれなかったこと。ダメでした。自信も、努力もない。性格的に周りについて行ってというのがある」。それを改善したいと考えていたが、なかなか実行することができなかった。

 それでも「自分がやるんだという気持ちで」取り組んできたことはこの日、ひとつ結果に。昨夏、立正大淞南高と戦った準々決勝ではPK戦で4本全て決められて敗れたが、今回は止めてチームを勝利へと導いた。その中原を城市徳之総監督はマン・オブ・ザ・マッチに指名。「一人ひとり成長して行ったら冬に繋がる。頑張りたい」。この夏、自分が仲間たちを引っ張って一つでも多く試合を経験し、よりチームを強くする。

最終更新:7月29日(金)7時28分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]