ここから本文です

新人の洗礼もお手の物 セビージャ清武 君が代熱唱でチームメートのハート掴む

ゲキサカ 7月29日(金)18時19分配信

 今季よりセビージャに加わった日本代表MF清武弘嗣が、さっそくチームに馴染んでいるようだ。同僚のMFビートロがツイッター(@VitoloMachin)を更新。清武が君が代を熱唱する様子を投稿した。

 新天地での掴みはOKだ。右足内転筋の負傷で出遅れていた清武だが、25日にドイツキャンプからチームに合流。チームメートと一緒に、連日汗を流している。

 ビートロは食事会場での一コマを投稿。清武が椅子の上に立って「歌を歌います!」と宣言すると、右手を胸に当てて、国歌の『君が代』を熱唱。すると会場は爆笑に包まれ、歌い終わると、万雷の拍手が送られた。

 12年にニュルンベルクに移籍した清武。初のスペイン移籍となるが、海外クラブ3チーム目の移籍とあって、新人が受ける洗礼もお手の物の様子。スペイン流の歓迎のあいさつを難なく済ませている。

最終更新:7月29日(金)18時43分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。