ここから本文です

[総体]盤石の市船、3戦連続完封勝利で2大会連続の8強入り

ゲキサカ 7月29日(金)18時26分配信

[7.29 全国高校総体3回戦 鹿児島城西高0-2市立船橋高 呉市総合スポーツセンター陸上競技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」のサッカー競技は29日、各地で3回戦を行った。呉市総合スポーツセンター陸上競技場の第1試合では昨年度準優勝の市立船橋高(千葉2)が鹿児島城西高(鹿児島)と対戦し、2-0で勝利した。31日の準々決勝では瀬戸内高(広島2)と対戦する。

 立ち上がり早々のセットプレーを生かした。市立船橋は前半2分、U-17日本代表DF桧山悠也(2年)の左CKをファーサイドのDF原輝綺(3年)が豪快な右足ボレーで叩き込み、先制点。幸先よくリードを奪った。

 前半アディショナルタイムにもゴール前のこぼれ球を拾ったDF真瀬拓海(3年)がマイナスに戻し、FW村上弘有(3年)が右足で流し込んだ。前半の開始直後と終了間際という絶好の時間帯に得点を重ねると、2-0で折り返した後半も鹿児島城西の反撃を封じ込めた。

 1回戦の秋田商戦(3-0)、2回戦の関東一戦(1-0)で2戦連発計4ゴールを挙げたMF郡司篤也(1年)は無得点のまま後半22分にベンチへ下がったが、原、DF杉岡大暉主将(3年)というプロ注目のCBコンビが3試合連続の無失点に抑え、2-0の完封勝利。盤石の試合運びで2大会連続の8強入りを決めた。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

最終更新:7月29日(金)18時30分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。