ここから本文です

[総体]米子北は2戦連続のPK戦勝利、星稜下し2年連続で準々決勝へ

ゲキサカ 7月29日(金)19時35分配信

[7.29 全国高校総体3回戦 星稜高1-1(PK3-4)米子北高 広島広域公園補助競技場]

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」のサッカー競技は29日、各地で3回戦を行った。広島広域公園補助競技場の第2試合では米子北高(鳥取)が星稜高(石川)と対戦。1-1からPK4-3で競り勝ち、2試合連続でPK戦を制した。

 先制したのは星稜だった。前半28分、DF岡田勇斗(3年)のFKから最後はFW亀谷宇々護(3年)がヘディングでゴールネットを揺らした。亀谷は2試合連続の先制ゴール。星稜の1点リードで前半を折り返したが、米子北も最後まであきらめなかった。

 後半28分にDF田中宏旺主将(3年)が試合を振り出しに戻す同点ゴール。試合は1-1のままPK戦に突入した。米子北にとっては、初戦となった2回戦の横浜創英戦に続く2試合連続のPK戦。1人目のMF山室昂輝(3年)は止められたが、星稜2人目のMF岡崎佑亮(3年)も失敗し、タイに持ち込む。

 5人目、先攻の星稜はFW窪田翔(3年)が右ポストに当ててしまうが、米子北はDF田中聡太(3年)が落ち着いてゴール右に決め、PK4-3で勝利。2年連続の8強入りを決め、31日の準々決勝では青森山田高(青森)と対戦する。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

最終更新:7月29日(金)19時38分

ゲキサカ