ここから本文です

[総体]疑問の声をプレーと声で払拭、静岡学園は「もう一人の」注目GK田原が2試合連続無失点

ゲキサカ 7月29日(金)20時48分配信

[7.29 全国高校総体3回戦 静岡学園高 2-0 大阪学院大高 呉市総合スポーツセンタ-多目的G]

 この日、静岡学園高のゴールを守ったのは、1年生から名門のゴールを守ってきたJ注目GK山ノ井拓己(3年)ではなく、もうひとりの実力派GK田原智司(3年)だった。“高校ナンバー1テクニカルGK ”というニックネームを持つ田原は、ゴール前で落ち着き払ったボール処理。軽やかなステップでクロスに対応し、ポゼッションで攻撃の起点にもなったGKは何より声の部分での貢献度が大きかった。

 静岡学園は3連戦目で動きが重く、全体的にキレがなかった。その中で田原は「動けって行っても動けないので。声で頑張らせてあげたり、気持ちの面で支えてあげたい」と後ろからの励ます声でサポート。前半途中には敵陣でのCKの際にPAからハーフウェーラインまで駆け寄ると、U-17日本代表のMF渡井理己(2年)の隣で声がけ。「(渡井が)良くなくて落ち込んでいたんですけど、修さん(川口監督)が何も言っていなかったから、『信頼されているから。立て直すと思っているから何も伝えていないんだ』と伝えました」。疲労で本来の動きではなかった後輩を励まし、自信を持たせてプレーを好転させようとしていた。

「修さんも声のところは『オマエが監督になれている』と言ってくれて自信になっている」。視野広くチームをサポートした田原は、後半ロングボールを増やした相手の狙いをDF陣に伝えて対応。自らは声でDFを動かしつつ、広範囲に渡る動きで3バックの背後をカバーし続けた。そして2-0の後半終了間際には1対1のピンチでビッグセーブ。1試合で必ず2度3度あるピンチをしっかりと封じたGKは初戦に続いて今大会2試合目となる完封勝利を果たした。

 田原はG大阪ジュニアユース出身。入学当初からチーム内での評価高かったが、2年前に1年生守護神として選手権で躍動し、日本高校選抜候補やナショナルGKキャンプに参加している山ノ井と比べるとどうしても知名度で劣る。身長も177cmで山ノ井に比べると小柄。事情に明るくない人たちからは田原の先発について疑問の声もあるかもしれない。だが、静岡学園は決意を持って、東京五輪世代の逸材GK山ノ井にも負けない才能を持つ田原を育てようとしている。今大会は決勝までローテーション制での起用が濃厚。「あっち(山ノ井)は有名なんで。だから自分は(疑いの声を)払拭できるようにプレーで。今のところ2試合無失点なんで、次も無失点で行けるようにしたい。小さくてもできることを見せれたらいい」と力を込めた。

(写真協力=高校サッカー年鑑)

最終更新:7月29日(金)20時48分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]