ここから本文です

スバル1000から新型インプレッサまで水平対向エンジン50年の歴史をたどる【オートモビルカウンシル2016】

オートックワン 7月29日(金)13時34分配信

富士重工業は、8月5日(金)~7日(日)の3日間、「幕張メッセ(千葉県千葉市)」で開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2016」(オートモビルカウンシル)に出展する。

このニュースのフォトギャラリー

オートモビルカウンシルは、「クラシック ミーツ モダン」をコンセプトに、自動車を単なる消費財としてではなく、文化の担い手として捉え、日本の自動車文化、ヘリテージの魅力を世界に向けて発信するもので、今回が初開催となる。

今年は、水平対向エンジンをSUBARUに初めて搭載したスバル1000の発売(1966年5月14日)から50周年にあたることから、「ボクサーエンジン50周年」をテーマにSUBARUと水平対向エンジンの歴史を、クルマ・エンジンの展示と共に紹介する。

■AUTOMOBILE COUNCIL 2016開催概要

開催日程:2016年8月5日(金)~7日(日) 9:00~18:00

会場:幕張メッセ 2・3ホール

主催:AUTOMOBILE COUNCIL実行委員会

スバルブース出展概要

【クルマ】

・スバル1000(スバル初の水平対向エンジン搭載車)

・新型インプレッサ(2016年秋に発売予定)

【エンジン】

・栄エンジン(中島飛行機製 星形エンジン)

・EAエンジン(スバル1000に搭載した、スバル初の水平対向エンジン)

・FBエンジン(新型インプレッサに搭載予定、2.0L直噴NAエンジン)

最終更新:7月29日(金)13時34分

オートックワン