ここから本文です

「天才」ヘッジファンドマネジャーが業界の傘-オークツリー共同会長

Bloomberg 7月29日(金)12時32分配信

米オークツリー・キャピタル・グループのハワード・マークス共同会長は28日、ここ10年であまりにも多くのファンドマネジャーがヘッジファンド業界に参入し、投資家のヘッジファンド志向が弱まっているとの見方を示した。

マークス氏は業績についての電話会見で2兆9000億ドル(約300兆円)規模に上るヘッジファンド業界について尋ねられ、「いみじくも懐疑的な見方が広がっている」と指摘。「天才が運用する偉大なヘッジファンドのパフォーマンスがこの業界の巨大な傘となっており、その他の9990のヘッジファンドマネジャーにヘッジファンドをスタートさせ、ヘッジファンド手数料を意のままに操ることを許している」と述べた。

マークス氏は「あえて言うが2004年以降のヘッジファンドの平均パフォーマンスはヘッジファンドの平均報酬を正当化していない」とし、「ヘッジファンド志向が調整されている。手軽に魔法を生む『ヘッジファンド』などというものは決してない」と話した。

原題:Howard Marks Says Hedge Fund ‘Geniuses’ Spawned Too Many Firms(抜粋)

Devin Banerjee

最終更新:7月29日(金)12時32分

Bloomberg