ここから本文です

林家たい平100.5キロに挑戦 再入院の桂歌丸が語呂合わせで距離指定

デイリースポーツ 7月30日(土)5時0分配信

 日本テレビ系「24時間テレビ39」(8月27、28日放送)のチャリティーマラソンランナーを務める落語家・林家たい平(51)がこのほど、神奈川県内で公開練習を行い、100.5キロへの挑戦を発表した。

 距離は、腸閉塞治療のため再入院した同局系「笑点」の終身名誉司会、落語家の桂歌丸(79)が指定。歌丸の本名椎名巌「いわお」と笑点50周年を「祝おう」の語呂合わせでの「いわお・ゴー(100.5キロ)」となっている。

 練習最長距離35キロの約3倍を走る、たい平は「(師匠が)距離を思いついたのは『ポケモンGO』が出る前。『頑張ろう!』と思える数字をいただいた」と気合。メインパーソナリティーのNEWS・増田貴久(30)との並走も体験し「24時間テレビチャリティーマラソンとかけまして新聞が届いたポストの中と解きます。その心はNEWSが待っています」と完走を誓った。

最終更新:7月30日(土)5時0分

デイリースポーツ