ここから本文です

SCANDAL 新作にはドラムのRINAが作詞作曲、ボーカルも務めた楽曲も/インタビュー

エキサイトミュージック 7月30日(土)8時15分配信

 
■SCANDAL/New Single『テイクミーアウト』インタビュー(2)

7月27日にSCANDAL の通算23枚目となるシングル『テイクミーアウト』がリリースされた。カップリングは形態によって違う曲が収録され、【通常盤】にはRINAが作詞・作曲を手がけ、ボーカルも務めた「I want you」が入る。

「いつもHARUNAが歌うつもりで歌詞を書いているので、3人が背中を押してくれなかったらやらないですね(笑)。これを作った時も、デモは私が仮歌を歌ってみんなに聴いてもらったんですけど、プリプロではHARUNAの声を当ててたんですね。でもHARUNAは歌った実感として、これはRINAが歌ったらどうだろうって気持ちになったと」(RINA/Dr. & Vo.)

「ここ最近は特にいろんな曲に挑戦したいっていう気持ちがあるので、この曲ももちろん歌うつもりでいたんですけど、やっぱり最初にRINAが作った時のイメージもあるだろうし、この曲のキュートさは絶対にRINAがボーカルのほうが合うなと思って」(HARUNA/Vo. & G.)

SCANDALは、8月21日に彼女たちの結成の地・大阪の泉大津フェニックスにて、バンド結成10周年を記念した野外イベント【SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL『2006-2016』】を開催する。
(取材・文/山田邦子、構成/編集部)
※このインタビューの全文は後日掲載予定。

最終更新:7月31日(日)7時45分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。