ここから本文です

<今週シネマ>29、30日公開の映画 「シン・ゴジラ」「ターザン:REBORN」「コープスパーティー」…

まんたんウェブ 7月30日(土)7時0分配信

 今週末に公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。29日には、怪獣映画「ゴジラ」の新作「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督、樋口真嗣監督)が公開。30日には、米作家エドガー・ライス・バロウズによる人気小説を映画化した「ターザン:REBORN」(デビッド・イェーツ監督)、アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈さんの主演映画「コープスパーティー Book of shadows」(山田雅史監督)が公開される。

【動画まとめ】7月29、30日公開 映画紹介&予告編

 「シン・ゴジラ」は、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野さんが脚本と総監督、「進撃の巨人」の樋口さんが監督と特技監督を担当したことで話題を呼んでいる。シリーズ初のフルCGで生まれ変わった新たなゴジラの体長は118.5メートルで、これまで最大とされたハリウッド版「GODZILLA」(2014年、ギャレス・エドワーズ監督)の108メートルを10メートル上回るサイズも話題だ。体の大きさだけでなく、日本政府対ゴジラの息の詰まるような攻防戦、社会問題もはらんだゴジラの存在など、これまでの日本映画のスケールをはるかに超えた壮大でかつ緻密な作品に仕上がっている。

 「ターザン:REBORN」は、ジャングルで出会った美しい女性ジェーン(マーゴット・ロビーさん)と結婚し、今はロンドンの邸宅で暮らすジョン・クレイトン(アレクサンダー・スカルスガルドさん)こそが、かつてコンゴのジャングルでゴリラに育てられたターザンだった……という設定。物語は、英国貴族として政府から一目置かれる存在のジョンはある日、外交のため米国から派遣されたジョージ・ワシントン・ウィリアムズ(サミュエル・L・ジャクソンさん)とコンゴへ渡るも、同伴したジェーンが、あるわなにかかり、さらわれてしまい、彼女を救うためにジャングルに分け入っていく……と展開する。ロンドンで、美しい妻と裕福な暮らしを送る“貴族”のターザンだが、“故郷”のアフリカに戻ってからは野生の血がよみがえり、動物と交信したり、ジャングル内を駆け巡ったりと大活躍で、窮屈な衣服を脱ぎ捨てあらわになったスカルスガルドさんの肉体美と、重力をも味方にするアクションにくぎづけになること必至だ。

1/2ページ

最終更新:7月30日(土)17時1分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。