ここから本文です

海外団体が続々来県 とやま世界こども舞台芸術祭30日開幕

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 7月30日(土)11時2分配信

 30日に開幕する「とやま世界こども舞台芸術祭(PAT)2016」を前に、海外の出演団体が29日、続々と県内入りした。県民会館でオリエンテーションが行われ、スケジュールを確認した。

 県内出演者の母親らでつくる「とやまこども芸術活動支援協議会」のメンバーが、期間中の予定やワークショップについて説明し、日本の遊びを体験できることなどを伝えた。

 参加者には文房具やストラップなどを詰めた「ウェルカムバッグ」が配られた。ロシアから訪れたルチェゴルスク児童劇団ソルヴァネッツの子どもたちはバッグを手にし、「ありがとう」と日本語で応えていた。

 PATは海外から23カ国・地域から25団体、県外から9都道県の16団体、県内は44団体が参加する。8月4日まで。県、県教育委員会、高岡市、県芸術文化協会、NHK富山放送局、北日本新聞社、国際アマチュア演劇連盟日本センター、劇団文芸座でつくる実行委員会主催。

最終更新:7月30日(土)11時2分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ