ここから本文です

<朝が来る>テレビ欄に原作・辻村深月の作品名 「“辻村愛”感じて」 安田成美&川島海荷のヒューマンドラマ

まんたんウェブ 7月30日(土)8時0分配信

 女優の安田成美さんが主演し、川島海荷さんが出演している放送中の連続ドラマ「朝が来る」(東海テレビ・フジテレビ系)の30日の番組欄に、同ドラマの原作者、辻村深月さんの作品名を思わせる言葉が並んでいる。同日付の新聞のテレビ欄などに掲載された。

【写真特集】感動の最終回 「朝が来る」場面写真を一挙公開

 同局によると、同日が同ドラマの最終回であることから企画された。最大50文字という限定された文字数の中、「鍵のない夢を見る」など辻村さんの作品名や作品名の一部を最大三つ“織り込ん”だ。番組プロデューサーとともに文言を考えたという担当者は「ドラマ制作スタッフの辻村作品への“愛”を感じていただきつつ、涙の最終回をお楽しみいただければ」と語っている。文字数は地域などによって異なるため、作品数が一つの場合や、ゼロの場合もあるという。

 ドラマは、特別養子縁組を題材に“育ての母”と“生みの母”の人生の光と影を描いたヒューマンストーリー。最終回では、6歳の息子・朝斗の生みの母・ひかり(川島さん)から、育ての母である佐都子(安田さん)とその夫・清和(田中直樹さん)の元へ手紙が届く。手紙には「14歳の時の私はもういない。朝斗君にも愛情を持っていないし、産んだことも忘れたい」と書かれていて……と展開する。放送は30日深夜0時から。

最終更新:7月30日(土)8時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。