ここから本文です

海辺に開く色鮮やかな大輪 大阪・岸和田港まつり花火

THE PAGE 7月30日(土)20時58分配信

海辺に開く色鮮やかな大輪 大阪・岸和田港まつり花火 THEPAGE大阪 撮影:柳曽文隆 音楽:イーゼル芸術工房

 第64回岸和田港まつり(みなとまつり)が30日、大阪府岸和田市内で開かれ、約1500発もの大輪に集まった多くの見物人から歓声があがった。

【動画と拡大写真】岸和田の夜空に大輪。船が浮かぶ港にもその輝きが反射する

 同市によると、この大会は1953年から行われているもので、同市民の夏の風物詩として親しまれているという。会場となった同市地蔵浜町の阪南港阪南1区岸壁周辺をはじめ、周辺の海辺には、浴衣などを着た多くの見物人が早くから集まり、花火が上がり始めると「おおーあがった」「きれい」という声があちらこちらから聞かれた。

 同市内での港で家族と花火を見ていた男性(40)は「もう岸和田の夏はこれ。毎年、家族で見に来てたし、いまは子供を連れてきてる。なかなかきれいでしょ」と笑顔で話していた。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.469950549259885&lon=135.3561909118064&z=13

最終更新:7月31日(日)13時20分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。