ここから本文です

野村敏京の逆襲 自身の優勝想定スコア「晴れたらいける」

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月30日(土)7時44分配信

イングランドのウォーバーンGCで行われている海外女子メジャー「全英リコー女子オープン」2日目。イーブンパー46位と出遅れた野村敏京は1イーグル4バーディ、2ボギー「68」で通算4アンダー15位に浮上した。「あしたもいいと思いますよ」と逆襲を予感させた。

現地から続々アップ!「全英リコー女子」フォトギャラリー

出だしで勢いに乗った。「きょうは特にパットが良かった」と1番と3番で約2.5mのバーディパットを決めた。7番(パー5/507yd)では、フェアウェイ左に落としたティショットが「思ったより飛距離が出た」。残り230ydの2打目を3Wで狙うと2オン。約5mを読み切り、イーグルを奪った。

後半の12番でピン上2mにつけバーディを奪った。13番ではボギーをたたいたが「難しいラインだったし、3パットはしょうがない」と引きずらなかった。17番(パー3/150yd)では1.5mにつけ、バーディとした。

一日の中でもめまぐるしく変わる英国の天候だが、決勝ラウンド2日間は晴れの予報が出ている。大会前には優勝ラインを「13、14アンダー」と予想していたが「晴れていたらいけると思う。私は私のゴルフをやるだけ」と自信を見せた。(イングランド・ウォーバーン/林洋平)

最終更新:7月30日(土)7時44分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。