ここから本文です

サンタアニタTなどが開催!セイントメモリー引退式も 7/31~8/5のTCK見どころ

netkeiba.com 7月30日(土)16時0分配信

 TCKでは1986年7月31日に日本初のナイター競馬「トゥインクルレース」が始まった。今年は30年目となる節目の年。7月31日からの開催ではさまざまな豪華イベントが目白押しで、東京の真夏の夜、より華やかな開催になりそうだ。

 8月2日には、オーバルスプリントなど6つの重賞勝ちを収めて、NARグランプリ4歳以上最優秀牡馬を受賞したセイントメモリーの引退式も行われる。今後はTCKの誘導馬になる予定、先輩誘導馬のボンネビルレコードとともに人気者になってほしい。8月3日にはセイントメモリーが連覇した重賞・サンタアニタトロフィーが実施される。

 8月2日第11レースは、A2以下による準重賞・シーサイドカップ(大井1200m)。1着馬には8月31日の重賞・アフター5スター賞(大井1200m)への優先出走権が与えられるトライアルレースだ。

 ここでは美浦の本間忍厩舎所属だったマリカ(大井・橋本和馬厩舎<小林>)が移籍初戦を迎える。父はサウスヴィグラスで、中央時代は短距離戦で4勝。南関東の一員となり、快速ぶりをどのくらい発揮していくのだろう。マリカはサンタアニタトロフィーに出走する中央卒業生のドレッドノートと同厩馬。

 また、8月4日第7レースでは2歳馬によるJRA指定競走・フレッシュスター特別(大井1200m)が実施される。

 先ほども紹介したセイントメモリーや、のちのジャパンダートダービーの覇者マグニフィカ、桜花賞(浦和)馬マルノマンハッタンなども出走したレース。昨年優勝したラクテはその後も短距離戦で持ち味を発揮し、前走の優駿スプリントは僅差の2着。これからの短距離戦での活躍が期待されている1頭だ。

 今年も素質馬たちがそろっており、まだデビューしたばかりの若駒たちの熱戦が興味深い。

(文:高橋華代子)

最終更新:7月30日(土)21時15分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。