ここから本文です

マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

レスポンス 7月30日(土)12時0分配信

マツダの藤本哲也常務執行役員は7月29日に都内で開いた決算会見で主力のアメリカ市場について「インセンティブの拡大がかなり幅広くなっており、基本的に厳しい」としながらも、「今が踏ん張り時」との見方を示した。

[写真:マツダ決算会見の模様]

藤本常務は「従来からサブプライム層でのボリューム増ということでマーケット総需要1700万台は維持されているという観測等もあったが、我々実際に車を販売していてインセンティブの拡大がかなり幅広くなっているなという意識はしている。いろいろ競り負けたりする」とアメリカ市場での現状を述べた。

さらに「その時に我々の正価販売と、高グレードの車を選んで頂くというビジネスモデルと、少しギャップがでているのは事実」とも明かしたものの、「ただそこは我慢して、いわゆる再購入レートを上げるような商品の訴求であるとか、あるいはカスタマーサービスにある程度一定の投資をする、強化をしていくことをやり続けることしか、我々にはないのかなと思っている」と強調。

その上で「ここ数年、アメリカでマツダもある一定の成長はしたが、他社はもっと成長した。その分、今度は全需要が落ちたとしても我々はそこまで落ちないようなビジネスモデルになりつつあるのではないかと考えているので、踏ん張り時」と話した。

マツダの4-6月期のアメリカでの販売は『CX-9』や『CX-3』などの新型車は好調だったものの、8万1000台と前期並みにとどまっている。

《レスポンス 小松哲也》

最終更新:7月30日(土)12時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]